九州テクテクまち歩き

記事一覧へ戻る

2009冬号*山口県下関市 唐戸市場界隈

72tekuteku-karato

お散歩で古き港町を楽しみ、新鮮魚介類を食べつくす!

それは1年前にさかのぼる。北九州市の門司港レトロに行った時のこと。日帰りで遅くまで散策したため、対岸にある下関市の「唐戸市場」に行けなかった。連絡船で5分なのに・・・。それが語り草のようになっていて、とうとう泊まりがけで魚介類をたらふく食べたくなって、初のお泊まりテクテクとなった。

72tekuteku-8新鮮な魚介類が安く手に入る「唐戸市場」は、卸売自体は日祝日が休みだが、金土日祝日には飲食イベント「活きいき馬関街」が開催され、海鮮屋台が出て賑やかになる。普段の卸売の雰囲気を味わいつつ屋台も楽しみたいなら、金曜日に宿泊して土曜日の朝、市場に行くのがベストだと思う。

素泊まり4000円の安宿にチェックインし、夕暮れのシーサイドを散策。
72tekuteku-3“たそがれ感”がなんとも贅沢。夜は飲食店で、ふくだ、サザエだ、さんまだと、魚介類を食べあさった。食欲を満たすという、人間のシンプルな欲でこんなに楽しめるとは(笑)。いや、これはまだ序の口で。

72tekuteku-5翌日は朝7時半頃から「港が見える丘の径」を散歩。集落の中を歩くと、海が見えた。以前はもっとよく見えたのかもしれないが、前にマンションがどんどん建っているようで、少々残念。でも雰囲気のある径で、まるで自分の家がすぐそこにあるような気分になった。

健康的な朝を過ごし、その足で唐戸市場へ。2階の食堂で朝ごはんを食べた。この後早めの昼食に寿司を食べ、午後にもう一軒・・・という魂胆。その前に、戦闘態勢を整える(?)ため赤間神宮と亀山八幡宮に参拝した。
72tekuteku-972tekuteku-1072tekuteku-672tekuteku-2
古くから港町として栄えたこのエリアには、旧下関英国領事館や旧秋田商会ビル、下関南部町郵便局など、ノスタルジックな建物も点在。またゆかりの人も多い。詩人・金子みすゞは、大正12年にこの近くにあった「上山文英堂本店」に移り住み、亡くなるまでここで創作活動をしている。

72tekuteku-772tekuteku-1272tekuteku-1672tekuteku-1

そんな港町で食べては歩き、食べては歩く。散策が心地いいのは、ここが海沿いで、新旧のスポットが点在するからだろうか。つい昨日、同行した友人が「唐戸市場、また行こうよ!」と、再訪する気満々なのを知った。よし、再度「食べまくりシーサイドウォーキング」に行こう。歩けばカロリーも消費できて、プラスマイナスゼロなんだし。まあ、この際太ったところで、誰も気にしやしないのだけど。

72tekuteku-1172tekuteku-1472tekuteku-15

(2008年12月1日時の記事です)

●この散策はテクテク初の1泊2日旅。死ぬほど食べましたね(笑)。なぜかわからないけど、前夜まで宿泊の予約が取れなくて焦った思い出があります。泊まりでは行けないまま5年が経過。ああ、魚好きにはたまらん場所なのになあ。
(文・写真・マップ/山口 文子)

※写真によっては、カーソルをあわせるとくだらないつぶやきを読むこともできます。お暇なときにどうぞ。

 

 

 

リーク編集部オススメの九州・山口の旅館・ホテル予約「リークネット」
有限会社データホルダー九州 リーク編集部
〒860-0842 熊本市中央区南千反畑町10-5 田上ビル2F TEL:096-352-2500 FAX:096-352-2501
Copyright(c) 2013-2017 DATA HOLDER KYUSHU Co.ltd Allright Reserved.