九州テクテクまち歩き

2011立秋号*福岡県飯塚市

88tekuteku-iizuka

現役の芝居小屋と炭鉱王の栄華を知る

今回は、江戸時代の歌舞伎様式を伝える芝居小屋「嘉穂劇場」と、筑豊の炭鉱王・伊藤伝右衛門の本邸だった「旧伊藤伝右衛門邸」のある福岡県飯塚市へ行ってきた。

88tekuteku-188tekuteku-2

嘉穂劇場の現在の建物は、昭和5年の台風で倒壊した後に建てられたもの。平成15年には大雨の被害に遭い、津川雅彦氏や中村勘三郎氏(当時・勘九郎)がチャリティーイベントに駆け付けたのは有名な話だ。劇場内には被災した際の写真が展示されている。芝居小屋としての価値とあわせて、さまざまな危機を乗り越えてきたということも貴重な財産といえる。
88tekuteku-388tekuteku-4そんな劇場からテクテク歩くと、いくつかの商店街があった。食堂や喫茶店の外にあるメニューを覗いてみた。炭鉱の町として栄え、炭鉱労働者が多かった土地柄なのか、総じて安い。B級グルメもあるようだったが、嘉穂劇場の近くのお店でたんまり鳥料理を食べた後だったので、もうお腹には入らなかった。

本町商店街を歩いていたら、「ひよ子本舗吉野堂飯塚本店」があることに気がついた。ここ、ひよ子発祥の地だったのか。・・と思っていたら、今度は昭和通り商店街に「千鳥屋本家」があるではないか。そういえば「さかえ屋」の本店も飯塚だ。飯塚には、いろいろな菓子物語がありそうだ。
88tekuteku-588tekuteku-8 88tekuteku-7

88tekuteku-1388tekuteku-12狭い路地を歩いていると、あちこちの玄関に「く」の字型に草を編んだものが飾られていた。日若神社で行われる「妙見夏越大祭」のお汐井取りの際、汐井川の砂を入れ、無病息災を祈願して玄関に吊るすそうだ。商店街はシャッター通りもあったが、地域の歴史や習わしに触れ、不思議な新鮮さを感じた。

88tekuteku-9気づけば午後3時半をまわっていて、慌てて旧伊藤伝右衛門邸へ。明治30年代後半に建築され、大正初期、昭和初期と増改築。和洋折衷のバランスや細部の装飾がとても美しい。ここは、伊藤伝右衛門が妻であった歌人・柳原白蓮と10年間過ごした邸宅でもある。妻でありながら社会運動家・宮崎龍介と恋に落ちた白蓮。世間を驚かせた離婚劇の後、龍介と添い遂げた。炭鉱王の妻の時代、ここでの日常は憂いだったのだろうか。
88tekuteku-1088tekuteku-11

飯塚を後にするとき、すでに夕方6時を過ぎていた。もう一度散策すれば、もっといろいろなものに触れることができそうなまちだった。(2011年8月1日時の記事です)

88tekuteku-14●これぞ“ザ・商店街”といった雰囲気のアーケードで、探険するのがおもしろかったです。商店街で時間を取りすぎて、最後に訪れた旧伊藤伝右衛門邸では時間がちょっと足りず。ゆっくり庭を散策できなかったのが残念…。スペースの都合で使えなかった写真もあるので、この際載せちゃいます。(文・写真・マップ/山口 文子)

 

※写真によっては、カーソルをあわせるとくだらないつぶやきを読むこともできます。お暇なときにどうぞ。

 

 

 
2011春号*熊本市 熊本城周辺

 

86tkeuteku-kumamotocastle2

わがまちを見守る名城を散策

3月12日、九州新幹線が全線開業した。実際暮らしている人間は案外冷静だが、県外の知人から「新幹線で一気に熊本まで遊びに行けるよね!」なんて言われると、ちょっとうれしい。そうなるとこちらも、案内するのに少し勉強しておきたいと思うもの。そこで、熊本市のシンボル・熊本城を歩いてみることにした。

86tekuteku-186tekuteku2

熊本城は名将・加藤清正が築城した日本三名城のひとつで、別名「銀杏城」といわれている。その見た目から「烏城」という人もいる。熊本城の石垣は独特の弧を描く扇勾配で、「武者返し」と呼ばれている。初めて熊本に暮らすことになった時、「街中にこんなに威風堂々とした城があるとは!」と思ったのを覚えている。友達が遊びに来れば必ず連れて行ったし、街に出かけたときは熊本城、県立美術館、二の丸広場、県伝統工芸館をよくハシゴした。
86tekuteku-6だから熊本城のことは知っているつもりだった。しかし知っているようで知らないことがけっこうある、ということが、観光ボランティアガイド「くまもとさるく」のガイドさんに案内してもらってわかった。特に、創建当時から残る唯一の多層櫓「宇土櫓」は・・・(汗)。いっしょに歩いた友達は、「熊本城の中で宇土櫓がいちばん好き」と話していた。

平成20年4月20日には、復元中だった「本丸御殿」が一般公開された。また今年3月5日には「桜の馬場 城彩苑」がオープン。江戸時代の城下町を再現したような空間に、県内の23店舗が揃う飲食物販施設「桜の小路」や歴史文化体験施設「湧々座(わくわくざ)」などが備わる。

86tekuteku-586tekuteku-4

自分が暮らすまちを、ゆっくり歩く機会はそうはない。「知人が遊びに来る」というひとつの出来事が、まちを知るきっかけになる。自分が案内人になって、知人にまちのことを伝える。その知人がまた別の人に伝える。この別の人が、遠く離れたまちに興味を持つ。その連鎖はおもしろい。かしこまって勉強することはない。「あの看板、おもしろい」とか「あの店のマスター、誰々に似ている」とかでもいい。

86tekuteku-986tekuteku-10

“まち歩き”という小さな旅でも、気持ちを和ませたり楽しませたりする大きな力を持っている。自分が暮らすまちなら、新しい発見があったときの喜びはいちだんと大きい。春だ。冬眠から目を覚まして、歩くのだ。(2011年4月1日時の記事です)

 
86tekuteku-11●もう九州新幹線が開業してから3年以上経ちました。はやいですねえ…。2月に散策しましたが、最高気温10度未満だったような。とにかく寒かった!(汗)でも梅園では梅が咲きはじめていてきれいでした。桜写真はそれ以前に撮影したものです。城と桜はかっこいいですね~。(文・写真・マップ/山口 文子)

 

※写真によっては、カーソルをあわせるとくだらないつぶやきを読むこともできます。お暇なときにどうぞ。

 

 
2011冬号*大分県竹田市 長湯温泉

84tekuteku-nagayu

日本一の炭酸泉が湧く静かな温泉地

先日、日本有数の炭酸の湯として知られる長湯温泉に出かけた。かつて湯治場として栄え、今も温泉街の中央を流れる芹川沿いには旅館や外湯が点在する。84tekuteku-1長湯84tekuteku-2の炭酸泉は、湯温が30度以上ありながら、一定以上の炭酸ガスを含む世界でも貴重な温泉。浸かると心臓に負担をかけずに血液の循環がよくなり、飲むと胃腸の活動が活発になるという“健やかな湯”だ。

長湯を訪れたからには川べりの露天風呂「ガニ湯」を見ておきたい。入りたいのではなく、見ておきたい・・。ふと宿泊先の部屋にあった外湯案内を読んでいたら、ガニ湯の説明にこんな文字があった。

「寒い時に入ったら、顔は洗わないで下さい。洗うと寒くて出られません」……。

84tekuteku-384tekuteku-9ガニ湯には女性たちが群がっていた。誰か入るのか?と見ていたが、記念撮影をしたかっただけのよう。最近肉食系女子が多いとはいえ、さすがに女性がこの風呂に昼間入るのは勇気がいる。360度見られ放題。堂々と入れるのは、勢いのある女子会グループか、おそれ知らないきみまろ世代か・・・。

大丸旅館の外湯「ラムネ温泉館」にも行ってみた。その斬新な造りに「ムーミンが住んでそう・・」とひとこと。後日編集部で言ったら、「東大の藤森照信教授が設計したんやで」と言われ、焦った。この建物の雰囲気、どこかで見た気がした。そうだ、「こむらさき」でラーメン待ちしているときに読んだ週刊誌だ。掲載されていたのは、てっぺんに松が植えられた建物。あのとき確かに教授の名前があった。

84tekuteku-484tekuteku-8ラムネ温泉館の露天風呂は、泉温32度。炭酸泉は温度が高いとガスが飛んでしまうため、自噴するものに一切手を加えずに浴槽へ送り出されている。かなりぬるいが、長く入っていると血行が良くなって体が温まってくる。内湯は高温なので交互に入るといいかも。

早朝入浴の帰り、「滞在時間を考えると、湯めぐりは宿泊先を含めてせいぜい3つ」と思った。外湯は「御前湯」「天満湯」「長生湯」「万象の湯」などもあるし、どこに入るか迷う。
84tekuteku-7

「素泊まり宿で気楽に2泊、上げ膳据え膳の旅館で1泊…。夜はスポネ料理かエノハ料理、それとも出前か…」

84tekuteku-584tekuteku-6夢のような“長湯温泉プチ湯治”を妄想しながら、途中の天満神社でお参りして宿に戻った。くじゅうや竹田市街地、黒川、由布院あたりまで、日帰りで遊びに行ける立地。長湯温泉3泊4日滞在計画も、けっこう現実味がある。
(2010年12月1日時の記事です)

 

●久々のお泊まりテクテク。9月後半の連休に出かけました。途中、くじゅう花公園でサルビアや咲きかけのコスモスを見てから行きました。翌日は早朝5時半に起きて、ラムネ温泉館へ。芹川の向こうに見えた満月がきれいだったのをよく覚えています。
(文・写真・マップ/山口 文子)

※写真によっては、カーソルをあわせるとくだらないつぶやきを読むこともできます。お暇なときにどうぞ。

 
2010夏号*鹿児島県姶良市蒲生(かもう)町

81tekuteku-kamou

日本一の大クスと武家屋敷群の残るまち・蒲生郷

鹿児島県姶良市蒲生町には、「日本一の巨樹」(昭和63年度環境庁の調査より)がある。推定樹齢約1500年、樹高30メートル、根回り33.57メートル、幹回り24.22メートルの大クスだ。若葉が芽吹く4月の休日、大クスに会いに出かけることにした。
81tekuteku-1まずは「蒲生観光交流センター」へ。ここなら散策の手がかりになる資料が手に入る。散策マップは種類がさまざまで、歴史資料や特産品もそろっていた。おまけにセンターの案内スタッフの方が、おそろしく親切でびっくりした。そして的確なアドバイス!こういう人たちがいるのといないのとでは、まちのイメージが大きく違う。

センターから歩いて数分。右手に小学校を見ながら、蒲生八幡神社の参道へ入る。大木が左手に見えたので「これかな?」と思い近づくと、「大クスは奥です」と書いてあった(はずかしい・・笑)。


81tekuteku-3少々肩すかしにあい、奥へ進むと、先ほどの木とは比べ物にならない、まさに「日本一の巨樹」がどっしりと根を生やしていた。根に近い部分は凹凸があって男性的だが、じっと見ていると母性のようなあたたかさを感じる。夏はもっと葉っぱに覆われ、さらに大きな木陰ができているだろう。

「社務所の2階からも大クスがよく見えますよ」と巫女さんが教えてくれた。社務所には喫茶室があり、2階の窓辺からは大クスがとても近い。おしりに根を生やしそうなぐらい、まったりしてしまった。


81tekuteku-4蒲生には「蒲生麓」と呼ばれる武家屋敷群が残る。江戸期、薩摩藩の「外城制度」によりつくられた武家集落だ。「馬場」と呼ばれる町割の道路が整備され、現在までその美しい構造を残している。姶良市蒲生総合支所前の立派な御仮屋門を見ながら、当時どんなにぎわいだったのだろうと思いを馳せた。あの大クスは、その頃の景色を知っているのだ。


81tekuteku-7      81tekuteku-5

遅めのお昼ごはんの後、Aコープや物産館「くすくす館」に寄ってお買い物。再び蒲生観光交流センターへ行き、蒲生に伝わる「蒲生和紙」の工房やギャラリーについて教えてもらった。最後までセンターのスタッフの方はていねいだった。
81tekuteku-8

ここは小さなまちだけど、大クスだけ見て帰るのはもったいないほどの居心地のよさ。長い間しずかにまちを見守ってきた巨樹と、それに見守られてきた人々。そんなやさしい関係が、まちづくりにもつながっているのではないかと感じたテクテク散策だった。

(2010年6月1日時の記事です)

●このとき初めて蒲生を訪れました。のびやかな、というのか、すこやかな、というのか、気持ち良く散策できた記憶があります。2年ぐらい前に再訪しましたが、変わらない雰囲気でした。GW明け頃から、大クスの緑がどんどん深くなっていくのではないでしょうか。
(文・写真・マップ/山口 文子)

※写真によっては、カーソルをあわせるとくだらないつぶやきを読むこともできます。お暇なときにどうぞ。

 
2009立秋号*宮崎県日南市 飫肥城下町

76tekuteku-obi

食べあるき・町あるきMAPで粋な城下町散策

「そろそろ“テクテクの会”(←会員3名)出動時期だ」と思っていた頃に、訪れた先で「今、飫肥で新しいことをやっていますよ」と教えられた。かつて城下町として栄え、今でも商家や武家屋敷が残る宮崎県日南市飫肥。九州で最初に国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれた地区だ。しかしここは、飫肥城大手門周辺を見学したら武家屋敷通りをちょっと歩いて、次の観光地に行くか・・という、ともすれば通過点になりがちなエリア。
76tkeuteku-176tkeuteku-1-2

76tkeuteku-2

そんな飫肥に今年のGWから登場したのが、飫肥城下町「飫肥城下町食べあるき・町あるきMAP」。これには5枚の引換券が付いている。MAPの裏には地元の飲食店や資料館、菓子店など16店舗が載っており、券と引き換えてくれるものが紹介されている。ここから5つ選んで食べ歩けるというわけ。もちろん食べ物以外のものもある。MAPは600円、これに周辺6 ヵ所の資料館の通行手形が付くと1,000円だ。

せっかくなので、資料館の通行手形付きを購入。暑かったので、最初に「飫肥城歴史資料館」へ。ここには飫肥藩ゆかりの品々が展示されていて、甲冑は後ろからも見学できるようになっていた。さすがに兜に「愛」の文字はなかったけど(笑)、この展示の仕方は面白い。また飫肥が生んだ明治の外交官・小村寿太郎の記念館では、等身大パネル(小柄な156センチ!)と背比べしてみたり、背格好を記載しているだけの超アバウトな当時のパスポートに笑ってしまったり。肩ひじ張らずに楽しめる内容で長居してしまった。

76tkeuteku-1076tkeuteku-9

76tkeuteku-7このときすでにお昼をまわっていて、慌てて本題のMAPを活用することに。午後4時頃まで散策し、5軒で引換券を使った。他にも古い建物を見学したり、味噌・しょう油屋さんやギャラリーで買い物したりしていたら、あっという間。最後はお腹もいっぱい。

 

76tkeuteku-11 76tkeuteku-12

気さくで何でも話してくれるおばちゃん、陽気なおじさん、口数は少ないけど丁寧なお店の人。出会った人によってもてなし方は様々だ。引換券を切り離してもらうときのワクワク感。自分も町づくりに参加している気分になるからなのか、何がもらえるか分かっているのになんだかうれしい。1枚のMAPが果たす役割は大きい。秋には参加店が大幅に増え、エリアも少し広がった最新バージョンが登場する。一度訪れた人も、再訪してみては。

76tkeuteku-876tkeuteku-1476tkeuteku-5

(2009年8月1日時の記事です)


76tkeuteku-1576tkeuteku-13●江津湖編に引き続き、快晴!梅雨明けと同時に行きましたから。あれから5年近く経ったので、参加店舗も変わっているようです。詳細は飫肥城下町保存会のHPで確認を。隣のMAPは、1年前に再訪した際のもの。カラフルになってた♪もう一枚の写真は服部植物研究所。ナンジャモンジャゴケって知ってます?(気になる人はちょっこし検索を…)

(文・写真・マップ/山口 文子)

※写真によっては、カーソルをあわせるとくだらないつぶやきを読むこともできます。お暇なときにどうぞ。

 
2009夏号*熊本市 水前寺成趣園~江津湖

75tekuteku-ezuko

街なかの水辺を歩く。くまもとオアシス散策

熊本市を代表する観光地といえば、熊本城と水前寺成趣園(通称・水前寺公園)だろう。本丸御殿公開以来、「一口城主制度」で募金する人まで増えている熊本城。当然水前寺公園とのセット観光も多いはず。そして水前寺公園とは電車通りを挟んで反対エリアにあるのが、市民の憩いの場・江津湖だ。

75tekuteku-1昔、水前寺公園を訪れた時はなんとも思わなかったが、細川忠利公より三代にわたり築造された桃山式の回遊庭園は優美で、鯉が泳ぐただの池だと思っていたものが、底から湧く澄んだ水で満たされていることに今さら気付き、驚いた(汗)。不思議なもので、遠くに見えるビルと時代を越えて対比する景色とのコラボレーションは、庭園の優美さを一層際立たせていた。

午前中は、日本赤十字の発祥地でもある熊本洋学校教師ジェーンズ邸を含めて散策した。

75tekuteku-275tekuteku-1475tekuteku-3

75tekuteku-675tekuteku-475tekuteku-5

散策の前日、江津湖の近所に住む知人に見どころを尋ねた。「ホタルも野鳥もおるバイ」「湧水の池が天然プール(←贅沢)」のほか、「カメラを構えたおじさんが群がる場所があるけん」なんていう情報までもらった。「見どころなんか無かバイ」と言いつつも、ちょっと自慢げに話してくれた。

75tekuteku-7江津湖は上江津湖と下江津湖から成る。県立図書館裏から上江津湖への遊歩道を歩いていると、芭蕉の原生林の手前あたりで異様な空間を発見。それこそが「おじさんが群がる場所」だった・・・。野鳥か何かを撮影しているのか。声をかけてはいけない空気が流れていたため(笑)、そのままその場を後にした。

こんな街なかにあって1日40万トンの湧水量を誇り、その「豊かな水に絶滅危惧種を含む貴重な動植物が生息している」なんていう奇跡。

75tekuteku-1075tekuteku-975tekuteku-8生活環境の変化で湖の自然の変化が問題になっているものの、美化運動が盛んになってからは少しずつ環境が戻ってきていると伝え聞く。街なかのオアシスがいつまでもオアシスであるためには、自分たちの手で守るしかない。

休日ののどかな昼下がり。晴れた日のテクテク散策は暑かったけど、散策後に路面電車で街まで戻り、日のあるうちからグイッと一杯やって、早めに家路に着いてゴロン。これがたまらなく至福のひとときだったことを付け加えておこう。あなたもどうでしょう、初夏の街なか水辺散策。その時は、水と日傘と扇子を忘れぬように。
75tekuteku-1175tekuteku-1275tekuteku-13

(2009年6月1日時の記事です)

75tekuteku-15mono●この日は4月中旬の快晴日。えらい日焼けして帰った記憶あり(汗)。水前寺公園「古今伝授之間」は、この後から2010年秋まで解体修復工事で休業予定でした。そのため写真を載せることなく・・・。こちらでいただくお抹茶の和菓子は、今も「十六夜」かしら。「加勢以多」もお気に入りです(食い気全開ですみません)。

(文・写真・マップ/山口 文子)

※写真によっては、カーソルをあわせるとくだらないつぶやきを読むこともできます。お暇なときにどうぞ。

 
2009冬号*山口県下関市 唐戸市場界隈

72tekuteku-karato

お散歩で古き港町を楽しみ、新鮮魚介類を食べつくす!

それは1年前にさかのぼる。北九州市の門司港レトロに行った時のこと。日帰りで遅くまで散策したため、対岸にある下関市の「唐戸市場」に行けなかった。連絡船で5分なのに・・・。それが語り草のようになっていて、とうとう泊まりがけで魚介類をたらふく食べたくなって、初のお泊まりテクテクとなった。

72tekuteku-8新鮮な魚介類が安く手に入る「唐戸市場」は、卸売自体は日祝日が休みだが、金土日祝日には飲食イベント「活きいき馬関街」が開催され、海鮮屋台が出て賑やかになる。普段の卸売の雰囲気を味わいつつ屋台も楽しみたいなら、金曜日に宿泊して土曜日の朝、市場に行くのがベストだと思う。

素泊まり4000円の安宿にチェックインし、夕暮れのシーサイドを散策。
72tekuteku-3“たそがれ感”がなんとも贅沢。夜は飲食店で、ふくだ、サザエだ、さんまだと、魚介類を食べあさった。食欲を満たすという、人間のシンプルな欲でこんなに楽しめるとは(笑)。いや、これはまだ序の口で。

72tekuteku-5翌日は朝7時半頃から「港が見える丘の径」を散歩。集落の中を歩くと、海が見えた。以前はもっとよく見えたのかもしれないが、前にマンションがどんどん建っているようで、少々残念。でも雰囲気のある径で、まるで自分の家がすぐそこにあるような気分になった。

健康的な朝を過ごし、その足で唐戸市場へ。2階の食堂で朝ごはんを食べた。この後早めの昼食に寿司を食べ、午後にもう一軒・・・という魂胆。その前に、戦闘態勢を整える(?)ため赤間神宮と亀山八幡宮に参拝した。
72tekuteku-972tekuteku-1072tekuteku-672tekuteku-2
古くから港町として栄えたこのエリアには、旧下関英国領事館や旧秋田商会ビル、下関南部町郵便局など、ノスタルジックな建物も点在。またゆかりの人も多い。詩人・金子みすゞは、大正12年にこの近くにあった「上山文英堂本店」に移り住み、亡くなるまでここで創作活動をしている。

72tekuteku-772tekuteku-1272tekuteku-1672tekuteku-1

そんな港町で食べては歩き、食べては歩く。散策が心地いいのは、ここが海沿いで、新旧のスポットが点在するからだろうか。つい昨日、同行した友人が「唐戸市場、また行こうよ!」と、再訪する気満々なのを知った。よし、再度「食べまくりシーサイドウォーキング」に行こう。歩けばカロリーも消費できて、プラスマイナスゼロなんだし。まあ、この際太ったところで、誰も気にしやしないのだけど。

72tekuteku-1172tekuteku-1472tekuteku-15

(2008年12月1日時の記事です)

●この散策はテクテク初の1泊2日旅。死ぬほど食べましたね(笑)。なぜかわからないけど、前夜まで宿泊の予約が取れなくて焦った思い出があります。泊まりでは行けないまま5年が経過。ああ、魚好きにはたまらん場所なのになあ。
(文・写真・マップ/山口 文子)

※写真によっては、カーソルをあわせるとくだらないつぶやきを読むこともできます。お暇なときにどうぞ。

 

 

 

リーク編集部オススメの九州・山口の旅館・ホテル予約「リークネット」
有限会社データホルダー九州 リーク編集部
〒860-0842 熊本市中央区南千反畑町10-5 田上ビル2F TEL:096-352-2500 FAX:096-352-2501
Copyright(c) 2013-2017 DATA HOLDER KYUSHU Co.ltd Allright Reserved.