湯布院

 

冨季の舎

2冨季の舎
住 所
大分県由布市湯布院町川南814-1
アクセス
大分自動車道湯布院ICより車で10分

料金
TEL:0977-84-5811
 
 
 
 
冨季の舎
日本と西洋文化が交じり合う、大正の風情を思わせる癒しの空間

 長屋門をくぐり中庭、そして母屋の玄関へ。「大正時代の風情」をコンセプトに造られた敷地内は、さながら別世界に足を踏み入れたかのような趣があります。客室は露天風呂付の離れが4と本館に6。本館の6室は母屋の2階にあり、眺望も楽しめます。
 有田焼か伊万里焼の皿に盛り付けた夕食膳は、和を基本に洋のテイストを加えた富季の舎流創作会席です。

夕食の一例。美味しいものをすこしずつ、女性に人気の創作膳です 吹き抜け天井の本館客室「鶴見」 貸切風呂・壱の湯。大浴場のほかに貸切露天風呂が3つ
 
冨季の舎の宿泊感想文

●湯布院はよく遊びに出かけていましたが、一回も宿泊はなくて、今回は楽しみにしていました。宿は私たちが大好きな和の感じで、門をくぐると敷地から玄関まで素敵なお庭が迎えてくれて、思わずワ~ッと声が出てしまいました。食事も一つ一つが素敵に盛りつけてあり、丁寧に説明もあり、器もすごく良かったです。毎日忙しくゆっくりとした時間がなかったので、今回の宿に泊まり、自然の音がすご~く聞こえて、風の音、虫の声、鳥のさえずりなど、本当に来てよかったなぁと・癒されて帰りました。
(宮崎県都城市 PN/のんちゃんママ)

●初めての湯布院での泊りの旅…。湯の坪通りにある山下清展と昭和館には、私たち団塊世代の者にとって幼い時代にタイムスリップしたようななつかしさでいっぱいでした…。山下清さんの原画が湯布院で見れるとは感激しました。宿もアンティークな雰囲気でまわりの若葉が気持ちよく、とてもゆっくり過ごせました!! 家族風呂にも何度も入り、沢山のおいしい夕食、楽しい思い出の旅となりました。 
(福岡市 PN/きくりん)

●3月13~14日に夫と宿泊しました。この時期に不謹慎ではないかとは考えましたが、昨年の暮れから予約していましたし、何より湯布院は大好きな場所ですので思いきって出かけました。眼前に由布岳がデンとあり部屋の窓から思う存分眺めることができました。2階の踊り場には由布岳を眺めるための高椅子が、大きなガラス窓に添って並べられてあり、朝の入浴後ゆっくりと眺めました。温泉は大浴場以外にも家族風呂が3つもあり、そのすべてに入浴しました。なんと贅沢なことでしょう。食事もおいしく、豊後牛のしゃぶしゃぶは特に美味で、やわらかいお肉に夫と2人で「おかわりしたいくらい」と語り合いました。スタッフの方々も丁寧な対応で、説明や案内もとてもわかり易く笑顔もステキで、帰る際には車拭き様タオルまで届けて見送っていただき感動しました。今回このような状況の中で行けた旅です。忘れる事のできないものとなりました。
(宮崎県延岡市 PN/クラウディア)

●湯布院の中心部より少し離れた静かな場所にありました。温泉も貸切湯が3つもあり、母と二人、ゆっくり入浴できました。夕食もどれも美味しく、お刺身も新鮮で、お腹一杯になりました。朝食のご飯も持ち帰りしたいほど美味しく、温泉も食事も堪能しました。母の日に良いプレゼントができました。
(宮崎県東臼杵郡 PN/サンポ1955)

●入口から玄関までのアプローチにまずホッとして…。自然のままの雑木や草など、この美しさは日々の手入れの賜物でしょう。接客もつかず離れず、食事のおいしさは云うまでもなく、また訪れたい宿が増えました。
(宮崎市 PN/びせん)

 
 

Q1 御宿をご紹介ください

Q2 御宿ならではの料理、施設、サービス、イベント、体験企画などを教えてください。

Q3 御宿周辺の観光スポット、季節のイベントを教えて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

リーク編集部オススメの九州・山口の旅館・ホテル予約「リークネット」
有限会社データホルダー九州 リーク編集部
〒860-0842 熊本市中央区南千反畑町10-5 田上ビル2F TEL:096-352-2500 FAX:096-352-2501
Copyright(c) 2013-2017 DATA HOLDER KYUSHU Co.ltd Allright Reserved.