おすすめの旅館・ホテル

 

星野リゾート 界 長門(長門市 長門湯本温泉 客室数40)

【界 長門】外観
住 所
山口県長門市深川湯本 2229-1 
アクセス
JR) 厚狭駅より美弥線~長門湯本温泉駅下車~車で約5分
車) 九州自動車道・門司IC~中国自動車道・美祢IC~美祢~国道316号線にて約45分

料金
平日・2名1室・1泊2食付 22,000 円~(サービス料込・税別) 
TEL:0570-073-011
 
 
 
 
星野リゾート 界 長門(長門市 長門湯本温泉 客室数40)
藩主を癒した古の温泉街で
美肌の湯と地元文化で彩られた新しい”雅“ を体験する宿

 令和2年3月にオープンした、星野リゾートが全国に展開する温泉旅館ブランド「界」の16施設目となる温泉宿。山口県最古の温泉「長門湯本温泉」は室町時代、藩主が湯治に訪れていたとされていることから、武家文化を体現した「藩主の御茶屋屋敷」をテーマとして、ご当地の豊かな文化を体験できる温泉旅館を目指しています。山口県の伝統工芸、萩焼・徳地和紙・大内塗・萩ガラスなど地域の文化に触れる客室「ご当地部屋」が特徴。例えば、客室の寝台は藩主が休む寝台をイメージし、一段高くなっています。
 かつて藩主を癒やした温泉の湯は、pH9・9とアルカリ成分が強く、化粧水のような成分の泉質が特徴です。湯温が高い「あつ湯」と源泉かけ流しの「ぬる湯」がある内風呂と、露天風呂を備えています。お食事は、プライベートが保てる半個室の食事処で、地域ならではの旬の食材をいかした会席料理を、意匠を凝らした器とともに楽しめます。山口県の名産品であるふぐや、摂取量全国第二位を誇るイカなどの地元の新鮮食材をはじめ、旬の素材を萩焼の器や桶などを使い、意匠を凝らして仕上げた会席料理を味わえます。

美肌の湯に浸かりながら長門湯本の四季を望む露天風呂 藩主が泊まった「上段の間」をイメージした客室から音信川を望む 地元産の旬の食材をふんだんに生かした季節の会席(一例) 中庭に夏みかんの木や紅葉が植えられ季節ごとの景色が楽しめる「特別室」
音信川のほとりに建つ春の夕暮れの宿外観 山口市の無形文化遺産「徳地和紙」を使ったベッドルーム 「あけぼのカフェ」でどらやきやカフェラテを買って川沿いをそぞろ歩き 山口名産の「ゆずきち」や「夏みかん」のジャムを使ったどらやき
 

 
 

Q1 御宿をご紹介ください

Q2 御宿ならではの料理、施設、サービス、イベント、体験企画などを教えてください。

Q3 御宿周辺の観光スポット、季節のイベントを教えて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

リーク編集部オススメの九州・山口の旅館・ホテル予約「リークネット」
有限会社データホルダー九州 リーク編集部
〒860-0842 熊本市中央区南千反畑町10-5 田上ビル2F TEL:096-352-2500 FAX:096-352-2501
Copyright(c) 2013-2020 DATA HOLDER KYUSHU Co.ltd Allright Reserved.