おすすめの旅館・ホテル

 

三愛高原ホテル [客室数:64]

ARK-3289
住 所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺5644
アクセス
大分自動車道日田ICから車で約70分

料金
東棟1泊2食お一人様 12,960円~、新館西棟21,600円~
TEL:0967-44-0121
 
 
 
 
三愛高原ホテル [客室数:64]
瀬の本高原の絶景に浸る…

くじゅう連山の南麓に広がる瀬の本高原。阿蘇の大自然を一望する緑の草原のただ中に
「三愛高原ホテル」はたたずんでいます。
朝・昼・夕と、時間帯によっても表情を変える阿蘇くじゅうの壮大な景観。
2018年11月には、新館西棟がグランドオープン。
標高920m、敷地約5万坪。絶景の露天風呂から見渡すのは
緑あふれる大草原と澄み渡る満天の星…。
旬の美味しい料理や地酒、個性あふれる宿泊プランで
訪れる旅人をもてなします。
この秋生まれ変わる「三愛高原ホテル」にご期待ください。

阿蘇くじゅうの大自然に抱かれた高原のリゾート 客室、ロビー、露天風呂などをはじめ、館内の至るところから雄大な景色が一望できます ガラス張りの大きな窓からの眺めもごちそうのひとつ
阿蘇五岳を一眺めながら入浴できる天然温泉の大浴場 “肥後のあか牛”をはじめ、熊本・阿蘇の山の幸を使い一品一品丁寧に仕上げた会席料理 落ち着いた雰囲気漂う個室食事処 毎夜8時15分から開催される「星空さんぽ」も人気!
 
読者宿泊感想文

 当選通知を受け取った日から、私たちの“わくわく”は始まりました。みんなすぐにでも行きたい所でしたが、4人の都合の合う4月25日に宿泊させて頂きました。予約の電話の時に応対して下さった女性の方の明るい声に、阿蘇の新緑と雄大さを感じました。いいイメージがここでも広がりました。ホテルに到着すると、笑顔の連続です。私たちより、ずっと細い方が私たちの荷物を運ぶというのです。申し訳なくて“大丈夫ですよ”と言っても“私も大丈夫です!”と笑顔であきらめません!!(笑)そこでとうとうお願いした次第です。お部屋は、2018年11月にグランドオープンした新館西棟でした。眺望絶佳の露天風呂付きの特別室と新館専用ラウンジでゆっくりくつろぐことができました。到着して、まずは専用ラウンジでウェルカムドリンクのビールでほっこりくつろぎました。(飲めない私はおいしい紅茶にほっこりでした)お部屋は、落ち着ける空間でとても心地よく過ごす事が出来ました。食事もとてもよかったです。私たちに合わせてぴったりのタイミングで・・・運ばれてきました。一品一品をとてもおいしく頂きました。おいしい料理におしゃべりもはずみ、“星空さんぽ”に間に合わなかったのだけが、心残りです・・・。なんでも前向きにとらえる私たちは「“これは、きっと天気のいい時に、また星を見にきてね”と阿蘇さんからのメッセージだね」と受け取りました!!またいつか、この空の下で、ゆっくりほっこりしたいと、強く思いました。いい旅をありがとうございました!!
(大分県中津市 PN/ひみこ)

 ぎりぎり梅雨入り前の緑がきれいな阿蘇へ!雄大な阿蘇五岳と広々とした草原、本当に大好きな景色です。途中、「くじゅう花公園」へ立ち寄りホテルへ行きました。フロントの皆様が、笑顔で迎えてくださり、お部屋へ案内して頂きました。お部屋は、リニューアルされた新館特別室で、広くてきれいで、4人でもゆっくりできました。テラスからの景色は素晴らしく緑続く草原の先は、阿蘇の山々。大パノラマが見え、うぐいすや、カッコウの声も聞こえ、感動でした。テラスには露天風呂もありました。食事は専用レストランで地産地消の野菜、阿蘇の赤牛など、品数も多く、味はもちろん量も、器も盛りつけまで、暖満足でした。また、お世話して頂いた、岩村さん、目配り、気配り、心配りと、とにかく素晴らしい接客でした。自然な笑顔で話題も豊富。楽しい食事ができ、お酒もすすみました。朝食時も娘にお心遣い頂き、お見送りまで、申し分無しでした。阿蘇でゆっくりできた!!と心から思えるホテルでした。ありがとうございました。
(熊本県八代市 PN/まるちゃん)

 よくぞこの場所に・・・と感嘆させられる宿でした。GWの直前の4月26日泊で母・妻・息子と4人で黒川温泉『三愛高原ホテル』に行きました。九重ICで降り、『ジャージー牧場カップル』で「ジャージーぷりんソフトのせ」を堪能した後、小国町から黒川温泉街を抜けると、標高920mの瀬の本高原の大自然に抱かれてひっそりと佇むホテルがありました。熊本地震で崩壊した建物の跡に昨年11月新館を建てられたそうで、阿蘇・九重の山々や大草原を一望する絶景。部屋の隅々までプレミアムな特別室で、息子は鉄製の吊り椅子で大はしゃぎ。シャトルバスで温泉街へ。『パティスリー麓』で「しん月」を土産に買い再び宿へ。夕食は特別会席で、造里・肥後牛ロースステーキ・たけのこ釜飯が絶品。食後は名物の展望露天風呂「鼻の湯」へ。曇天で満天の星空でない分、際立つ漆黒の闇の産物で、遊歩道の淵で揺れる竹細工灯がなんとも幻想的!大浴場を梯子した後、特大のふかふかベッドで、熟睡。翌朝は、大地を吹き抜ける疾風がモーニング・コールに。ベランダの露天風呂で自然を独り占め。見渡す限り家どころか灯りさえ無い雄大な自然の中で、時の流れを忘れて心から寛げた宿でした。半額チケット本当にありがとうございました。
(福岡県北九州市 有

 
 

Q1 御宿をご紹介ください

Q2 御宿ならではの料理、施設、サービス、イベント、体験企画などを教えてください。

Q3 御宿周辺の観光スポット、季節のイベントを教えて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

リーク編集部オススメの九州・山口の旅館・ホテル予約「リークネット」
有限会社データホルダー九州 リーク編集部
〒860-0842 熊本市中央区南千反畑町10-5 田上ビル2F TEL:096-352-2500 FAX:096-352-2501
Copyright(c) 2013-2020 DATA HOLDER KYUSHU Co.ltd Allright Reserved.