九州遺産の旅

記事一覧へ戻る

耶馬溪橋(オランダ橋) [大分県本耶馬溪町]

先人の技と心が息づく 八連アーチの美しい石橋

訪れる者を圧倒する荘厳な渓谷美を誇る大分県・耶馬渓エリア。その表玄関である中津市本耶馬渓町の景勝地・競秀峰の麓を山国川沿いに走ると、やがて優美な石橋の姿が見えてくる。

1、耶馬溪橋 メインその橋の名は「耶馬溪橋」。山国川周辺地区の観光・生活道路整備の一環として大正9年から12年にかけて、村人らの寄付により架橋された。形式はわが国唯一の八連石造りアーチ橋。どこか懐かしさと優しさを醸し出すこの橋が自然に溶け込んだ景観は、実に見事だ。当時、長崎県で多く見られた平行布積み方式の工法を採用したこともあり、別名「オランダ橋」とも呼ばれている。美しい弧を描く八連アーチ橋の全長は116m、幅員は3.5m。アーチ数と橋長の規模はともに日本一。規則正しく並ぶ輪石や壁石に、かつての精緻な石工技術がうかがえる。上流約5.3kmに架かる「馬溪橋」、同約1.3kmに架かる「羅漢寺橋」と合わせて「耶馬三橋」と呼ばれ、昭和56年には県指定有形文化財に指定されている。

大正12年にこの橋が架かるまでは、青の洞門がある樋田地区と、山国川対岸の曽木地区とを結ぶ交通手段は、渡し船か遠回りして堤防を歩くしかなかった。そのため、「大雨で川が増水したら、曽木には渡れん。親の死に目に会えんから、曽木には嫁をやるな」とまで言われた悲惨なエピソードが残っている。

架橋以来「耶馬溪橋」は、幾多の風水害にも耐え忍んできた。しかし昭和19年の大洪水では橋面の高欄が流失するという大きな被害を受け、一部コンクリートによる修復が行われていたが、平成8年に新たなひび割れなどが確認され、非常に危険な状態であった。新たな修復方法を決める際には、石橋の権威者や県文化課らが協議をし、大正時代の写真を参考に昔ながらの姿のまま残されることとなった。

架設から年近い時が流れ、建築資材は石から鉄筋コンクリートへと移り、石工も激減してしまった現代。しかし、時は流れても「耶馬溪橋」の威厳に満ちた美しさは、大分の石工の技術の高さを後世に伝え続けることだろう。

取材・文/前田信次

※平成24年7月の九州北部豪雨の影響で、馬溪橋のみ通行制限あり(観覧は可能)

DATA

耶馬溪橋

所在地:大分県中津市本耶馬溪町

問い合わせ: TEL0979-22-1111 (中津市観光課)

<アクセス>

車)大分自動車道玖珠ICから国道387号を北へ2km、県道28号に入り20.3km、国道212号に入り2km

 

 

 

リーク編集部オススメの九州・山口の旅館・ホテル予約「リークネット」
有限会社データホルダー九州 リーク編集部
〒860-0842 熊本市中央区南千反畑町10-5 田上ビル2F TEL:096-352-2500 FAX:096-352-2501
Copyright(c) 2013-2017 DATA HOLDER KYUSHU Co.ltd Allright Reserved.