人に話さずにはいられないすごい温泉

鉱泥温泉 [大分県別府市]

営業時間は1日4時間弱。知られざる泥湯の名湯

別府地獄めぐりのひとつ、坊主地獄にある泥湯の温泉です。営業時間は午前中の4時間弱だけ。これは営業を終えるごとに99度の源泉を浴槽に注ぎ入れ、湯を殺菌するためです。

建物は簡素で木造の湯小屋という感じ。浴槽は2つあり、無色透明の熱めの湯で満たされた大きな露天風呂、その奥に6、7人が定員の鉱泥湯(灰色の泥湯)があります。鉱泥湯の泥はサラッとした肌ざわり。まるで一分立ての生クリームのようです。

脱衣所に「鉱泥湯は非常に効果がすぐれているので入浴時間は1日5~7分が最適。それ以上は疲れが出て逆効果です」との顧問医師の注意書きがあります。しかし、800円払って5分で帰るのはちょっともったいない。そこで入浴客のほとんどが採用している入湯法は…。

鉱泥湯に5分ほど浸かる。 → 鉱泥湯を流すことなく、洗い場や休憩小屋で10~20分ほどしばし佇む。→ 再び鉱泥湯へ。これを3、4セット繰り返す。無色透明の大露天の湯は最後に体を流すときにだけ使われているようです。

 

泥湯は腰痛、肩こり、関節痛などの症状を和らげる、鎮痛効果のある温泉と言われています。これは以下のメカニズムによるものです。

①    泥湯に含まれる硫黄、塩類などのミネラル成分の効果により、体中に熱が運ばれやすくなり、体が芯から温まる。

②    その結果、泥湯から出たあとも血流の増えた状態が続く。

③    血流が増えたことで、痛むところに局在している発痛物質(ブラジキニン)が洗い流される。

それならば硫黄泉、塩泉に入るのと同じことなのでは?との疑問がわくかもしれませんが、さにあらず。普通の温泉と泥湯の大きな違いがひとつある。それは同じ湯の温度ならば、人間は泥湯の方が長く入っていられる、という点です。泥は熱の伝導率が低く皮膚に対しての刺激もやわらかい。つまり体への温度の伝わり方が遅いのです。よって長時間かけて発痛物質を減らすことができるというわけ。

但し、くれぐれも無理は禁物です。欲張って必要以上に長湯をすると、湯上がりに疲労困憊して足元も覚束ない。そんな私のような状態になりかねませんので…。

鉱泥温泉

℡0977-66-0863

大分県別府市小倉6組

800円 木曜・元日定休

(営)8時15分~12時

取材・文/緒方渉午

 

 
七里田温泉下湯 [大分県竹田市久住町]

全身が気泡に包まれる。血圧を下げる高濃度の炭酸泉

この温泉と他の温泉との違いは、誰の目にも一目瞭然です。湯に浸かるとその瞬間に、びっしりと全身に気泡が付くのです。地元での通称は「ラムネの湯」。まさしくラムネに身を浸している感覚です。

炭酸泉という泉質ですが、その炭酸含有量は半端ではない。源泉で湯温が37.5℃あり、水1ℓあたりの炭酸含有量は1250mg。有名な長湯温泉ラムネ温泉館が湯温32.8℃で同781mgなのですから、その濃さたるや、推して知るべし!であります。

炭酸泉は別名「心臓の湯」とも言われていて、心臓に負担を与えずに体内の血液循環を良くするので、心臓病や高血圧などに効果があります。湯の温度も低めですから、いくらでも入っていられますし、しばらく浸かっていると血流の改善で体の芯からじんわりと温まってきます。よってここでは湯船で2~3時間を過ごす常連客が多いのです。

 

七里田温泉 下湯

℡0974-77-2686

大分県竹田市久住町有氏4050-1

300円 第2火曜定休

取材・文/緒方渉午

 
山鹿温泉元湯 さくら湯[熊本県山鹿市]

往時の姿を正確に再現。九州最大の木造温泉施設

町のシンボルとして熊本県山鹿市が再建した九州最大の木造温泉施設「山鹿温泉元湯 さくら湯」が、平成24年11月に開業。早速出かけてきました。

2凄い温泉さくら湯の「顔」とも言える玄関屋根は、中央最上部から両側に下がりながら、両端は跳ね上がるような曲線を描いています。柱はベンガラの鮮やかな赤。側面の漆喰壁は下が赤、上が黄土色の大胆な配色。近くにある明治時代の芝居小屋・八千代座を照らす赤ちょうちんの色合いにも似て、往時へとタイムスリップしたかのような感覚に誘われます。

2階建て、延べ995㎡の温泉施設は木造では九州最大。当時はなかったシャワーや待合室は新設されたものの、サウナなどはあえて設けられていません。源泉かけ流し42℃の無色無臭の湯が満たす大きな浴槽があるのみ。その中央部に小さな円型の浴槽があり、湯はその底から湧き出しています。つまり、中央円型の浴槽内は温かく、外側はぬる湯というわけ。少しだけぬるつきのある山鹿温泉ならではの肌触りが特徴です。

1凄い温泉このさくら湯は昭和4年建築(昭和48年解体)当時の姿を正確に再現したもの。再現とは言うものの当時の設計図面など残っていようも無い。ではなぜ再現できたのか? その謎を解くのが「山鹿灯龍」であります。

和紙と糊だけで精巧な神社や仏閣などを作り上げる山鹿の伝統工芸「山鹿灯籠」。市内の「山鹿灯籠民芸館」に建物の構造はもちろん、屋根瓦の枚数、タイルの大きさ、柱の角寸のディティールに至るまで完璧な精度で製作された灯籠のさくら湯が残されていたのです。

昭和4年、山鹿温泉を訪れた漂泊の俳人・種田山頭火が友人に宛てて「どなたもはだかでごきげんよう」の一句を送っているそうですが、レトロな雰囲気の中で見知らぬ人たちと湯船に浸かっておりますと、沸々とそういう気持ちが湧いてきます。

どなたも裸でごきげんよう。和風建築ってのは心が落ち着くと言いますか、本当に良いものです。これぞ、湯の町の温泉!! よくぞこの素晴らしい空間を再現してくれたものです。一入湯客として関係者の方々の尽力に感謝!!

皆様もぜひ一度足をお運びください。その節は昭和初期の芝居小屋「八千代座」見学と豊後街道散策もお忘れなく!!

 

(料)中学生以上300円 3歳以上小学生以下150円

(営)6~24時

(休)第3水曜

取材・文/緒方渉午

 

 
ガニ湯 [大分県竹田市長湯温泉]

「本物の露天風呂」を体験した喜びは、人に話さずにはいられない

日本一の炭酸泉・長湯温泉。ガニ湯はその長湯のシンボルともいえる露天風呂です。町の中央を流れる芹川の川べりにポツンとあるガニ湯。道路からも、対面に居ならぶ旅館からも、橋からもすべて丸見えの状態。初めてこれを目にした中には「こんなお風呂に入る人がいるの?」と、いぶかしむ方もいらっしゃるかもしれません。が、います。確実にそういう人はいます。ガニ湯を見るたびに入りたくて仕方なくなり、そして実際に入ってしまう人が。

この私がそうなのです。

ガニ湯の感動は体験した人じゃないと絶対に分からない。1

ぬるい湯がカラダにじわじわと染み渡るなか、目線の高さで芹川が流れ、堤に生えている菜の花やセリやすみれの花が風に揺れる。すべての自然があるがまま。多分、にごり湯であるという点が大きいと思われるのですが、一旦入ってしまいさえすれば人の目はまったく気になりません。この圧倒的な開放感のある露天風呂では、道行く人でさえも自然の風景と同化してしまうのです。

見るだけと実際に体験するのとでは、その印象は大違い。そしてここでの体験は絶対に人に話したくなります。本物の露天風呂の体験した喜びを、人に話さずにはいられなくなるのです。

露天風呂ブームも久しく、最近では露天風呂付きの客室さえもさして珍しくなくなりました。まぁそれはそれで悪くはないのですが、なかには立地の都合上、他からの視線を防ぐべく、周囲を柵で高く囲んだお風呂もあります。そういう“露天風呂”を見ると私などはいつもこう思うのです。

「こんなの本物の露天風呂と違いまっせー」。

 

大勢の男女がガニ湯に浸かっている大正か昭和初期の写真を見たことがありますが、ガニ湯は先人から大切に受け継がれてきた長湯温泉の宝なのです。芹川の増水のたびに浴槽が土砂で埋まるため、実はその管理には大変な労力がかけられています。それでもガニ湯はいつでもちゃんと人が入れる状態になっている。

あなたも長湯温泉を訪れた際には、ぜひガニ湯へ。ぬるい炭酸泉と、芹川と、草花と、青空が誘う、ココロ嬉しい“ガニ湯ワールド”に浸りましょう。

 

ガニ湯

大分県竹田市長湯温泉

終日無料開放

 
桜島溶岩なぎさ公園足湯[鹿児島県桜島]

爆発する桜島と錦江湾を一望する、全長100mの日本最長級の足湯

鹿児島のシンボル・桜島の爆発が止まりません。平成15年から20年まで年間10~30回程度しかなかった爆発的噴火回数が、平成21年には548回と激増。その後も22年に896回、昨年は996回。そして今年は9月末までで去年のペースを上回る750回。

火山の噴火は地底から生み出されるマグマが噴出することによって起こる現象なのですから、「噴火回数が急増している」ってことは、つまり「地底が活発に動いている」ということにほかならない。コレすなわち大地震襲来の予兆か? 巷間噂される富士山大噴火も目前か?などと私などは思ってしまうわけです。もちろん実際のところはよく分からないのですが…。

1桜島の歴史とは噴火の歴史とも言えるわけで、一番最近に起こった大噴火が、今から約100年前、1914年の大正大噴火であります。このとき流出した溶岩によって覆われた面積は約9.2㎢。今回ご紹介する桜島溶岩なぎさ公園足湯は、まさにその場所。100年前に溶岩に覆われた地にある全長100m。日本最長の足湯です。

桜島港から公園までは徒歩で約5分。地下1,000mより湧出する赤褐色の天然温泉を利用してつくられた足湯は風光明媚そのもの。眼前に広がる錦江湾、後ろにそびえる桜島を見ながら、潮風に吹かれてのんびりとしたひとときを過ごせます。12月上旬~5月頃までは世界一小さいミカンとしてギネスブックにも認定されている桜島特産のサクラジマミカンの無人販売所が立ち、それを食べながら足湯を楽しむのが、ここでの定番のスタイルなのです。

桜島というのは面白い所で、植物やその種子など有機物がまったく存在しない無の状態が約200年の歳月をかけて常緑広葉樹林、照葉樹林にいたるまでの植物遷移の経過を一度に観察することができるのです。これはどういうことかと申しますと…。

しょっちゅう噴火を繰り返す山頂付近には植物がない。1468年の文明大噴火で流出した溶岩の原はカシ、ツバキなどの照葉樹林。1779年の安永大噴火で流出した溶岩の原にはアラカシ、タブノキなどの常緑広葉樹林。1914年の大正大噴火で流出した溶岩の原にはクロマツが生い茂り、1946年の昭和噴火で流出した溶岩の原には地衣類に始まり、噴火後30年を経てイタドリやクロマツが生え始め、噴火後45年を経るとハゼノキなどが見られるわけです。

2約100年の大正大噴火で溶岩に覆われた地にある「溶岩なぎさ公園」は、現在はごつごつとした溶岩の間からクロマツの茂る場所なのですが、これからさらに100年が経つと常緑広葉樹林へとその姿を変えているのです。つまり約200年の歳月をかけて大正大噴火以前の姿を取り戻すのであります。

桜島溶岩なぎさ公園足湯

℡099-298-5111(観光交流センター)

鹿児島県桜島横山町1722-3

入園自由 足湯は9時~日没

(休)なし

取材・文/緒方渉午

 

 

 
堀田温泉→神丘温泉[大分県別府温泉]

中性硫黄泉と弱アルカリ重曹泉を梯子して、ウルトラつるつるの肌に

世界一の源泉数を誇る温泉王国・別府。ここでは地球上に存在する11の泉質のうち、実に10種類が湧き出ています。この恵まれた環境を生かして提案したいのが、泉質の異なる二つの湯を組み合わせて入る「機能的入浴法」。

今回は美容液効果満点のウルトラつるつる肌を作る機能的入浴法をご紹介いたします。

1最初に入っていただきたいのが堀田温泉。別府IC出口の信号を左折し、最初の信号を左折、その次の信号を右折した所にある共同温泉です。別府IC からは車で所要2分。

この温泉の泉質は中性硫黄泉。肌の皮脂を溶かして滑らかにする作用があります。ポイントは石鹸で体を洗わないこと。体を洗う際に石鹸を使うのは、肌表面の皮脂を溶かすためでありまして、この泉質の場合はそもそも石鹸を使う必要がないのであります。石鹸を使ってしまうと皮脂が取れすぎて乾燥肌のような状態になってしまう恐れがあります。ここでは皮脂を「整える」のが目的ですので、石鹸は使わない。入浴するだけで、肌がすべすべになるのを実感いただけると思います。

3次に訪れていただきたいのが、神丘温泉。堀田温泉出口の信号を左折し、先ほど通った道を引き返す。で、突き当りの信号を右折。県道11号線(やまなみハイウェイ)を別府鉄輪温泉方面へとひた走り、5つ目の信号(おやど湯の丘のすぐ先の信号)を右折してすぐの所にある共同浴場です。堀田温泉からの所要時間は車で約5分。

ここの泉質は弱アルカリの重曹泉。俗に言う「美人の湯」でありまして、ごく大雑把に言ってしまえば、肌の表面にヌルヌルのなめらかな膜をのっける作用があるのです。先に中性硫黄泉に入ることで整えられた皮脂が重曹成分と「鹸化反応」を起こし、湯上りにはウルトラつるつるの肌が完成している、というわけ。

これを実際に体験した私に何が起こったかと申しますと、それは「パンツ履き忘れ錯覚事件」であります。実験を終えて湯布院方面へ向かう運転の途中、「神丘温泉の脱衣所でパンツ履き忘れてしもうた!」と思い込んでしまったのです。あまりの違和感に。下半身がスルンスルンしすぎるもので。

いくら間抜けな俺とはいえ、果たしてパンツを履き忘れるなんてことが起こり得るのだろうか? わざわざ車を停めて確認するようなことでもなく、また道中には信号が皆無なため疑心暗鬼のまま走り続けること30分。湯布院で確認しましたところ、ちゃんと履いておりました。この感覚、上記温泉梯子をお試しくだされば実感いただけることと思います。

なお、この機能的入浴法は上州の沢渡温泉が「草津の上がり湯」と呼ばれたことに由来しているのだそうです。が、しかし草津から沢渡温泉までは車で約40分。到着する頃には湯冷めしてしまいそうな距離です。それが別府なら「すぐ近くの温泉が泉質の異なるお湯」という機能温泉浴に最高の条件が整っているのです。

 

堀田温泉

℡0977-24-9418

別府市堀田2

(料)210円 (営)6時30分~22時30分 (休)第一水曜

 

神丘温泉

℡0977-21-2425

別府市小倉4-2

(料)100円 (営)6~21時 (休)なし

取材・文/緒方渉午

 

 
お宿華坊 七滝温泉[熊本県 七滝温泉]

渓谷に造られし、紅葉世界に浸りきる露天風呂

阿蘇・南小国町の秘境七滝。
大小7つの滝を遊歩道から間近に見ることができる観光名所です。切り立った岩と、太陽光を遮る鬱蒼とした原生林。この神秘的な雰囲気を漂わせる渓谷には「大蛇が住み着いている」という伝説も言い伝えられています。お宿華坊はその七滝のすぐ下流に造られた温泉宿です。

秋ですね。秋といえば紅4葉です。

「秋号の『凄い温泉』は紅葉の露天風呂でいきたいなぁ~」と思いつき、そう思った瞬間に、私の脳裏に浮かんだのがこの露天風呂です。

渓谷に造られた温泉です。露天のすぐ脇を、滝から続く渓流が音を立てて流れていきます。渓流に覆いかぶさるように鬱蒼と茂る原生林。その原生林の中に、絶妙なバランスをもってモミジが植栽されています。その数、約十数本。

紅葉真っ盛りの時期にこの露天風呂を一目したら、まず間違いなく感動を覚えることと思います。人によっては声を上げるでしょう。「うわっ、すげえ!!」。このワタシがそうでした。

露天と渓流をはさんで、対岸の山には杉林が見えます。この杉の緑が、手前の紅をより一層際立たせているのです。

この露天風呂の秀逸なところは、岩の浴槽の縁に、浴槽とは別に石が敷かれていること。つまり浴槽内の石に腰掛けて半身浴をしながら長時間、紅葉世界に浸りきる入湯タイムを過ごすことができるのです。

例年は10月下旬からの紅葉ですが、年によっては10月中旬に紅葉の最盛期を迎えることもあるそうです。お出かけの節は、お電話にて確認されることをオススメします。

お宿華坊 七滝温泉

℡0967-44-0455

熊本県阿蘇郡南小国町七滝温泉

大人500円 小人300円

取材・文/緒方渉午

 

 
足蒸し湯と足岩盤浴[大分県別府市]

日本一の温泉天国。別府の底力を見せつける穴場の無料温泉

 日本一の源泉数と湧出量を誇る温泉天国・別府。別府八湯と呼ばれる八つの温泉郷が点在し年間800万人が訪れる、いわずと知れた観光名所です。今回は別府八湯の中でも、今なお湯治場の風情を色濃く残す鉄輪温泉で是非お立ち寄りいただきたい二つの無料温泉をご紹介します。

1まずひとつ目は「足蒸し湯」。観光のメイン通り・いでゆ坂沿いの「地獄蒸し工房 鉄輪」の隣にあります。地下にある100℃近い温泉から蒸気を集めた足蒸し湯。木の蓋を開け、湯気が立ちこもる中へ足を入れたら、専用の蓋を閉めて密封。ひざ下から足裏までがじんわりと温まり、なんとも言えぬ心地良さ。ふくらはぎや脛あたりは、コタツで乾燥して無性に痒かったりするものですが、ここで10分も蒸せば、しっとりツルツルになり痒みは見事になくなります。

なお、どうしても蓋の隙間から蒸気が逃げるので、持参したタオルを足と蓋の間に詰めるのが、地元の常連さんの足蒸し上級テクなのであります。足蒸し湯は「鉄輪むし湯」の前にもあり、ここも無料で利用できます。

二つ目は大谷公園にある足岩盤浴。大谷公園は明治35年から昭和43年にかけて、探検隊を組織し中央アジアの遺跡発掘調査を行った大谷光瑞氏の自宅跡に整備された公園です。さて、この足岩盤浴。一見して屋根付きの休憩所にしか見えませんが、さにあらず。石の床が温泉の蒸気で温められているのです。床の隙間からはうっ3すらと蒸気が出ています。いわば天然の床暖房。何の変哲もない公園の休憩所なのに「床が温かい!!」という事実にかなりテンションが上がります。

観光客はまず立ち寄らない、地元のご年配の方しか利用しない穴場中の穴場なので、無人のことも多い足岩盤浴。そういう時は勇気(?)を出してゴロリと床に横になる。ありそうで無い、できそうで出来ない屋外岩盤浴体験。コレがまた気持ち良くて最高なのであります。

取材・文/緒方渉午

 
寒の地獄&赤川温泉&壁湯温泉[大分県]

子供に確実にウケる温泉(冷泉)ベスト3

今回は夏休み旅行計画準備号ですので、「夏休み期間に子供を連れて行ったら確実にウケる温泉(冷泉)」ベスト3をご紹介いたします。

まず一番目が「寒の地獄」。やまなみハイウェイを牧の戸峠から長者原方面へ向かう途中の右側にあります。源泉13℃の冷泉です。冷泉浴槽は混浴のため、水着か下着で入浴します。浴槽の足元からは毎分2160ℓという大量の冷泉がこんこんと湧き出ています。最初は全身にピリッとした刺激を感じますが、これは冷泉の成分のため。一口に13℃と言っても、これは井戸水と同じレベルの水温でとにかく冷たい。ひたすら我慢すること約10分、体に震えがきはじめたら、水滴を拭き取らずにストーブの置かれた暖房室へ。これを数回繰り返すことで体が冷泉の成分を吸収し、皮膚病(水虫等)、リウマチ、神経痛などの改善をもたらします。ほかに冷泉を加熱した大浴場があり、ここにも小さな冷泉風呂が備えてあります。

次にご紹介するのは「赤川温泉」。久住山懐の標高1100mの地に一軒だけポツンとある旅館「赤川荘」。宿のすぐ脇を渓流が走り、周囲は手つかずの原生林だけ。そんな秘境の宿の温泉です。湯は自然湧出している源泉から引いたもの。硫化水素を豊富に含み、26℃という低温で白濁するという日本国内でもトップクラスの濃度の硫黄泉です。また、遊離炭酸濃度は1ℓあたり1300mgですから、心臓の湯といわれる炭酸泉であるとも言えるのです。

26℃の源泉を加熱せずにそのまま使っている浴槽と、40℃まで加熱した浴槽があり、加熱湯で体を十分に温めた後、冷泉に浸かるのがここでのオススメの入浴法。これを2、3度と繰り返すことで代謝機能が活発になり、温泉効果が高まるのです。また、冷泉を上がり湯にすることで湯冷めしにくくなります。

内湯の奥には源泉そのままの冷泉で満たされた乳白色の大露天。この露天から正面に落差10数メートルの「雄飛の滝」を見ることができます。

 

最後は「壁湯温泉」。九重町の「旅館福元屋」の露天風呂です。旅館で入湯料を払い、川沿いに下りていくと左が町田川、右が露天の洞窟風呂。この風呂は岩盤が川に削られて自然にできたもの。源泉が岩壁の奥からこんこんと湧いています。湯はさらりとした肌あたりの単純泉で、湯温39℃とちょっとぬるめ。瀬音を耳に、滔々と流れる清流を眺め、じっくりと湯に身を委ねるひととき。極上のリラックスタイムが過ごせます。

なお、洞窟風呂は混浴ですが、すぐ隣に女性専用の小さめの洞窟風呂があります。

 

 

 

寒の地獄

℡09737-9-2124

大分県玖珠郡九重町飯田高原

(料)中学生以上500円 4歳以上300円 (営)9~17時 (休)不定

 

赤川温泉

℡0974-76-0081

大分県竹田市久住町赤川

(料)中学生以上500円 小学生300円 幼児200円 (営)9~19時 (休)不定

 

壁湯温泉

℡09737-8-8754

大分県玖珠郡九重町町田壁湯

(料)中学生以上300円 1歳~小学生150円(営)7~22時 (休)なし

取材・文/緒方渉午

 

 

リーク編集部オススメの九州・山口の旅館・ホテル予約「リークネット」
有限会社データホルダー九州 リーク編集部
〒860-0842 熊本市中央区南千反畑町10-5 田上ビル2F TEL:096-352-2500 FAX:096-352-2501
Copyright(c) 2013-2017 DATA HOLDER KYUSHU Co.ltd Allright Reserved.